HOME > インプレッション > ポジション球の点灯比較 > MOVE版

ポジション球の点灯比較

比較は、左側のポジション球を「超拡散LED仕様6個」に交換し、ソレに対し、右側のポジション球を入れ替えながら、目視で行っています。

車両は、H8年式 L602S MOVE SR-XXです。(私の愛車です。)



・左側ポジション球:超拡散LED仕様6個・右側ポジション球:青白色タイプ電球
まずは、電球からです。

「青白色」の名の通り、光に青い色が含まれていますが、ほぼLEDの白と同じに見えます。

電球なので、ランプ全体に光が散り、明るく照らされています。


・左側ポジション球:超拡散LED仕様6個・右側ポジション球:LED1個
次に、LEDを1つ使用したタイプです。

今回試した商品では、やや紫が混じったような色をしています。

正面から見た際、光源のみが明るく見えます。

光が散り難い為、ランプ全体は暗く感じます。



・左側ポジション球:超拡散LED仕様6個・右側ポジション球:超拡散LED仕様6個
次に、LED3個と拡散LED3個、合計6個使用したタイプです。

拡散LEDがランプ全体に光を散らす為、とても明るく感じます。

色は、「白」と言っても良いでしょう。



・左側ポジション球:超拡散LED仕様6個・右側ポジション球:超拡散LED仕様12個
あとから項目を追加した為、写真の撮影条件が違う件、ご了承願います。

・・・という訳で。。

最後に、LED4個と拡散LED8個、合計12個使用したタイプです。

率直な感想、文句なしに明るいです。

ココまで来ると、ノーマルの電球よりも明るく感じます。

この商品は、「LED=暗い」と言うイメージを、完全に覆す程の力を持っています。

但し、球のサイズが大きい為に、車種によっては装着できない場合があるそうです。

この商品を検討する場合は、取り付ける予定のランプの、穴の径を確認しましょう。

ちなみに、スリムタイプの登場により、対応車種が大幅に広がっているようです。


一般的に、LEDは消費電力が少なく、寿命が長いと言われております。

値段は高いですが、個人で作る際の手間(コスト)を考慮すれば、仕方のない所だと思われます。

某オークションサイトで検索すると、他にも、いろいろな商品があるようです。


画像や文章などの転載、このページへのリンクは、一切お断りします。

しまりす堂」様からの直リンクは、許可しています。2003/04/26

NANNTO RACING  管理人:NANNTO